執行役員就任のお知らせ


元アクセンチュア執行役員の宇佐見氏を迎え入れました。

宇佐見氏はアクセンチュアの公共、医療健康領域で執行役員、マネージング・ディレクターを務めた人物で、宮内庁CIO補佐官、総務省行政効率化委員会委員、(独)情報処理機構 中小ベンチャー支援事業評価委員を兼務していました。

今回招き入れた背景としては、地方創生事業の開発・推進と遠隔診療、そして今後の新規事業開発における公共連携です。

先日グッドデザイン賞を受賞した日南オフィスと日南市油津商店街の連携をはじめ、多くの地域との連携事業もスタートしています。遠隔診療やその他新規事業開発においても今後より一層、公共連携の推進を加速させていこうという意図があります。

先日の医師・医学博士を招き入れての医療研究チームの発足もそうですが、やはりリアルな社会課題を解決するためにはその領域における専門メンバーを招聘し、協力して事業開発していくことが重要です。

インターネットメディアのユーザー数は1000万人を突破し、特にキャリア領域メディアは非常に順調に収益化も進めてきました。バーティカルメディアネットワークの拡大に加え、そのデータを活かして各領域において本質的な課題解決にポートは取り組んでいきます。

引き続きポートは、テクノロジー・事業開発力を活かして、「世界中にアタリマエとシアワセを」の実現にさらに加速させていきたいと思います。

リアルな社会課題に、誰かがやらないといけない領域に、ポートは挑戦します。

1000万人メディア基盤を背景に攻めるポート、地方創生と遠隔診療の推進に元アクセンチュア執行役員を招聘