東京女子医科大学と遠隔診療における共同研究を開始!

東京女子医科大学と遠隔診療における共同研究を開始します!

我が国の医療をリードする大学と遠隔診療における実証に取り組むことができること、我々の遠隔診療プラットフォームを採用いただけること、大変嬉しく思います。

本臨床研究は、都市部においてIoTと遠隔診療を活用した場合の有効性と安全性を実証する前例のないものとなりまして、医療効果に関する医学的エビデンスを国内で先駆けて蓄積する事を目指しています。

大学病院の経験豊富なスタッフ・倫理委員会の協力および承認のもと安全に研究を実施することで、

「遠隔診療による慢性疾患の治療が従来の診療に比して医学的に劣らない」

という仮説をはじめ、患者満足度、医療費などに対する潜在的影響などを実証していく予定です。

ポート株式会社は、2015年11月に国内初で遠隔診療プラットフォームをリリースし、2016年6月より宮崎県日南市の無医地区にて実証事業の開始や医学研究チームを発足などで着々と準備を進めてまいりました。

「世界中に、アタリマエとシアワセを。」をコーポレートミッションに掲げ、我が国の医療課題に対してテクノロジーを活用し、医療ICT活用、遠隔診療インフラ創りに貢献していきたいと思います。

日経新聞:
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO06910480V00C16A9TI5000/

プレスリリース:
https://www.theport.jp/news/20160906/

東京女子医科大学と遠隔診療における共同研究を開始!