東京女子医科大学との共同研究の取り組みが日経新聞に取り上げられました!


高血圧診療において、
家庭血圧の値を用いて通常の対面診療以上に高い頻度で血圧を観察していきながら
月に1回診療する遠隔診療が、診療の質においてどの様な影響を及ぼすか、
についての実証研究です。

我が国の医療×ITインフラの発展に貢献できる様、PORTは一丸となって取り組みます!

キャプチャ

遠隔診療 都市で地方で
退院後もITで見守り 仕事合間にスマホ診察